クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:07 7 2018

自宅の脇に花屋を構えて1年になる。
妻と始めた小さな店。

近所の幼稚園に通う一人ムスコは、
帰ってくると真っ先に店の中に飛び込んでくる。

客がいる時は店内に入らないよう言い聞かすが、
5歳のムスコには、なかなか分かってもらえない…

その日は、
いつになくわたしの足元から離れようとしなかった。
下を向いて何かごそごそやっている様子。

何度注意しても聞かないムスコの態度に腹を立てたわたしは、
ついムスコの顔の前でさっと右手をあげた。

覚悟ができていたのか、
ムスコは両目をギュッと閉じて固まっている。

「いい加減にしろ!」
口で叱りながら何気なくムスコの手元を見ると
何やらしっかりと握りしめている。

薄眼を開けながらムスコは、
「お父さんとお母さんにプレゼント」
と手を伸ばす。

束ねられた花が2つ、
それぞれがラッピング用のセロファンでまかれ、
バランスは悪いがきっちり、リボンまで結んである。

聞くと、お母さんの日も近かったので、
妻に自作の花束を渡したかったらしい。
花の扱い方を教えたことなどないのだが…

よく見ると、結ばれたリボンの先は、
うまい具合にくるくるとカールしている。

こんな短時間のうちに、
わたしのどなり声にもひるまず、よくここまで作れたものだ。

子供ならではの感性と集中力、
そしていつの間に覚えたのか、その観察力に驚いていると、
さっきまでの怒りは自然に消え、顔を張るつもりであげた右手は
いつの間にか力も抜けて、坊主頭の上に軽く置かれていた。

一つでなく二つの花束を作った
ムスコの優しい気持ちがうれしかった。

その日の夜、もう一つの花束は
リボンが外されぬまま自宅のキッチンで飾られていた。