目の病気や疾患を持っている人

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

美少女フィギュア
http://fig-ad.com/



目の病気や疾患を持っている人ブログ:29 3 2019

わし自身の経験からもそうなのですが、
シェイプアップって根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界までラジオ体操して、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんてシェイプアップってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもわしは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「シェイプアップ」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんてシェイプアップではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、からだを壊すだけです。

からだを壊すシェイプアップなんて、わしはしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
4日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったからシェイプアップできない」
ことはないのです。

事実、わしの夕食時間は、
ほとんど真夜中10:00〜12:00です。
こんな生活でも6ヶ月で9kg落とせました。

世の中のシェイプアップ法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったらシェイプアップは失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、シェイプアップはできます!

だから
「これをやっているから、わしにはシェイプアップは無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!