レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。

婚約指輪
http://ddmoon.jp/



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:15 12 2018

運動すると汗をかきますが、
汗は運動によって熱くなったからだを冷ます役割をもっています。

水分補給をせずに運動を続けると、
体内の水分が減少して脱水症状を起こしやすくなりますので、
のどがかわいたと感じる前に、しっかりと水分を補給しましょう。 

1週間程度の運動なら水だけでも充分ですが、
1週間以上の激しい運動の場合は、
汗で失われるミネラルを補給できる
スポーツ飲料やミネラルウォーターがオススメ!

スポーツ飲料は体液と近い成分のため、
失われた水分やミネラルをすばやく吸収して疲労回復を早めます。
スポーツ飲料には、
アイソトニック飲料とハイポトニック飲料の2種類があります。

この2つの違いは糖分濃度です。
糖分濃度がからだと等しいアイソトニック飲料と比べると、
濃度が低いハイポトニック飲料のほうが速やかに水分を吸収できます。

つまり、運動前にはアイソトニック飲料、
運動中や運動後はハイポトニック飲料のほうが適しているんです。

ハイポトニック飲料は、
アイソトニック飲料を水で2〜3倍に薄めたものでも代用できますし、
ミネラルウォーターでも汗で逃げてしまう水分やミネラルを補給できます。

ですが、激しい運動で大量の汗をかいた場合は、
塩分と糖分をプラスして飲みましょう。

温度は5〜15℃くらいが適温です。
冷たすぎるとからだに負担をかけますし、
熱すぎると体温を下げることができません。

また、汗をかいた後のビールは、
アルコールの利尿作用もあるため水分補給には役にたちません。
お酒を飲む前には水分をしっかりとりましょう。

運動するときは「かわく前に飲む」が鉄則。
自分にあった飲み物を見つけ、頻繁に水分補給を心がけてくださいね!