レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。

婚約指輪
http://ddmoon.jp/



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:13 10 2018

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。
責任あるポストを任され、日々が忙しいキャリアウーマン。

このような方々の中には、
減量をしようとしているのに、
「過食」が止まらないという悩みを持っている方が
結構いるようなんです。

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、
人と一緒にいるときは普通なのに、
一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる…ということ。

明らかに心に何か問題を抱えているんですね。
つまり、その問題のほとんどが、
「誰かに愛されたい」という心の寂しさなんです。

しかし、
たいてい本人たちは
「仕事が充実しているから、恋人がいなくても寂しくない」
「おれは孤独なんかじゃない。だって友達もたくさんいるし」
と思っているようですが…

小さい娘を見るとわかりますが、
ママが忙しく、甘えたくても甘えられない娘って、
よく指を口にくわえていますよね。

これは、赤ちゃんのとき、
ママのおっぱいを吸って、
安心した記憶が残っているからなんですよね。

だから、不安なときや寂しいときに、
赤ちゃんの頃と同じように口に何かを触れさせることで、
心の寂しさを紛らわせようとするのです。

これは、大人になってもそれは同じことで、
「過食」してしまうということは、
「食事」という行為で、口に何かを触れさせようとしているんです。

つまり、本人たちは無意識でも、
それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさの現れなのです。

頑張りすぎず、素直に愛を求めれば良いんです!
そうすれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはず。
正常な食欲に戻れば、減量はすぐに成功できるでしょう。

おしまい!!!