レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。

婚約指輪
http://ddmoon.jp/



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:06 3 2019

置き換え減量の最大のメリットは
「置き換え用食品を自分の好みで選べる」ことと
「置き換える一食のタイミングを選べる」ことでしょう。

例えば、
一時期流行した朝バナナ減量の場合、
10時に必ずバナナを食べなくてはいけませんが、
もしあなたがバナナをあまり好きでなければ、
長く続けることは難しいですよね。

でも、
置き換え減量であれば、
ヨーグルト・豆腐・スキムミルク・寒天・豆乳などをはじめ、
そしてグレープフルーツ・キウイ・リンゴなどのフルーツ類、
さらには、わかめ・こんにゃく・もやし・玄米など、
あらゆるローカロリー食品が対象です。

このように、置き換え減量は、
置き換える食品のタイプを自分の好みで選ぶことができるので、
楽しく続けることができます。

特に、
置き換え用食品を栄養バランスがとれた減量食品にすれば、
健康的に痩せられますので、
置き換え減量は理想的な減量だといえます。

日々同じものを食べる必要もなく、
気分に合わせてメニューを変えることも可能です。

また、
「どのご飯を置き換えるのか」という点についても、
自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

例えば、
10時食の置き換えは
1日の身体の働きに影響があるので
本当は避けた方がよいのですが、
もともと10時食を抜いていたり、
夕方食は家族で楽しみたいという人は、
10時食をスープなどで置き換えてもよいでしょう。

置き換え減量は、
1日一度のご飯を置き換えるだけなので、
他のご飯における制限は特になく、
食べたいものを食べられないとか、ご飯が偏るといった
ご飯に対するストレスがほとんどないこともメリットの1つです。