レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:11 7 2015


体重は減ったはずなのに、
なりたかった体型になっていない…
皆さんは、こんな事ありませんか?

例えば…
自分と同じ身長・体重の友達がいたとしますよね。
なのに、自分の方が太って見える。

体重だけ見たら細いはずなのに、
実際はそんなに細く見えない…
なんだかブルーな気持ちになってしまいますよね。

僕は着痩せタイプだったので、
実際の体重より少なく見られる事もありました。
しかし、それはあくまでも着痩せしているから…

やはり、同じ身長・体重の友達と比べると実際は太い!
すごく嫌だったんです。

頑張ってシェイプアップだってしているのに、
なんで理想の体型にならないんだろう…
といつもモヤモヤしていました。

しかし、あるシェイプアップをやってみて
その理由が解ったんです。

それは、
体重を減らそうと
ご飯制限と運動だけ、頑張っていたからなんです。
運動は大切ですが、僕の場合無理しすぎていたんです。

そして、最も大切なご飯。
このご飯を僕はバランスよく改善するのではなく、
早く痩せようと制限していたのが間違っていたんです。

ご飯自体が偏ったり食べなかった事で体重は落ちても、
スタイルはついていかなかったという事だったんですね。

例えば、風邪の時、
ライスが食べられなくて、寝込んでしまったとします。

元気になって体重を計ったら、食べられなかった分痩せていた。
しかし、それは痩せたのではなく、やつれただけですよね?

食べないシェイプアップも同じような感じなんだと思います。
体重は落ちたのに、なんだかやつれた印象がある。

僕はバランスよくご飯をして、
適度な運動をし始めてから、
体重とスタイルのバランスがとれてきたような気がします。

レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある