クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。




クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:25 11 2018

最近は、
父も母も外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

おれがお子様の頃は、
父が外へ働きに出て、母は家にいるという家庭が
多かったんですよね。
おれの家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
母は家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

母も外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
お子様が多くなり始めていました。
このようなお子様が「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

おれが通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
午後食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
おれは知りません。

おれの母は、そんな鍵っ子である友達を
家に連れて来るように言いました。

おれは、母の言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

母は、
友達の分の午後食も用意してくれていました。
おれと鍵っ子である友達は、仲良く同じ午後ごはんを食べました。

午後ごはんを食べ終えると…
おれと友達は、
友達の母が帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

おれは、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。






クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある