妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:12 6 2016


「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
肉体が熱を作り出せず、体温が下がり、
肉体が冷えているんですね。

そうなると肉体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
肉体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
肉体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
肉体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
シェイプアップが上手くいくはずもないですよね!

だから、シェイプアップを成功させるには、
肉体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

肉体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、ふくらっぱぎがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

おれは、むくみを解消するために
連日、軽い体操をするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、脚を少し高くしていますし、
脚の付け根やひざの裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。


妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある