角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:01 5 2018


減量しようと考える方は少なくないようですが、
同時に減量に挫折してしまう人も多いようです。

減量しようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

減量というのは、
食べる事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だから減量は、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激な減量をしなくてはならなくなります。
極端に食べる事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うぼくも一度、
減量で失敗してしまった経験があります。
ぼくの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食べる事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

また減量には体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきつい減量メニューではないかもしれません。

ところがぼくは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

体質にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくり減量するようにしました。
そのときのぼくは、ちょっと無理をしていたようです。

ぼくのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックの種類によって適正が異なる
エキシマレーザーを使用するレーシック
治療費用でクリニックを比較しよう
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトはいらない!だってレーシックがある